南蔵院 林住職のいい話  「大分のおまわりさん」

佐賀県にある看護学校を経営するご夫婦がお盆の時に、ライトバンのレンタカーを運転して大分県へ向かっていました。

フェリー

午後11時に大分県の佐伯という町から出向している四国行きのフェリーに乗るためでした。

しかし、乗りなれない車に知らない土地。
時間は既に午後9時を過ぎています。

ここままでは間に合わないと警察署に近道を教えてもらおうと飛び込みます。
その場所が、湯布院のある南大分警察署。

警察署の職員さんは

「ここから佐伯までは地元の人間でも2時間くらいはかかります。
それを土地勘のない方の運転では到底間に合いません。

(お盆で宿は満杯ですが)警察からの要請といえば、
一部屋くらいは宿の手配は出来ますから今晩は、
ゆっくり湯布院のお湯に漬かって明日にでもゆっくり行かれたらどうですか?」

と言ってくださいましたが・・

しかし、このご夫婦はどうしても今日中に行きたいと言って譲りません。
詳しく事情を聞くと・・・

ご夫婦の19歳になる一人娘さんが高知でウィンドサーフィンをしている最中に溺れて死んでしまった。

身元確認と遺体引き取りに来て欲しいと高知の警察署から連絡があり、高知に向かう途中だということだったのです。

「生きている娘なら、明日行くからと電話も出来るけれども
まだ娘が死んだとは信じられないし、もし本当に死んだのであれば
一刻も早く行って抱きしめてあげたい」

と涙ながらに事情を話しました。

それを聞いた警察官は、まずフェリー会社に電話して出港を遅らせるように頼みます。

・・が、公共機関の乗り物なので時間を遅らせることは出来ないし
お盆中で大変混んでおり、既にキャンセル待ちの車が並んでいる。

午後、十時半になるとキャンセル待ちの車を乗せるので、十時半前に来て欲しい。
そうでないと、キャンセル待ちの車を差し置き、後から来た車を乗せるとクレームで収拾がつかなくなるとのことでした。

それを聞いた警察官は、部屋を飛び出し格納庫に停めてあった

パトカーに乗り込み赤色灯を回してご夫婦の車の前に来ます。

そしてもう一人の警察官が

「我々が先導してご案内します。
この車は私が運転しますので、(ご夫婦は)後の席にお移り下さい。
この車は只今より、警察車両として扱います

パトカー

と言い運転席に乗り込みます。

パトカーに先導された車は猛スピードで山中の林道を飛ばし国道10号線まで来ます。

そこで

「これより先は管轄が異なるのでお送り出来ませんが、
何か困ったことがあったら、警察署、交番、パトカー、
どれでも良いので声をかけて下さい。

大分中の警察官には連絡が回っていますので、
(ご夫婦の)お名前を告げるだけで結構です」

と言ってもと来た道を引き上げて行きました。

そして佐伯に着いたのが、午後十時四十七分
遅れてしまったのでもうダメだと諦めようと思った瞬間、国道からフェリー乗り場までの道路脇にずっと、誘導灯を手に持った人たちが立って、ご夫婦の車が来るのを待っていました。

フェリー乗り場では船長自らが待っていてくれました。
そして、最後の一台分にご夫婦の車を乗せてくれました。

まだ、乗り切れないキャンセル待ちの車もあったそうですが、船長自らフェリー会社の職員と共に事情を話して回ってくれたそうです。

それも、再三南大分署の職員さんからの要請に、船長さんをはじめフェリー会社の職員さんが心を打たれたからだということです。

残念なことに娘さんは亡くなっていたのですが、あの夜、もしフェリーに乗れなかったら、どんな思いで一夜を過ごさなくてはならなかったか・・

それを思うと、あの夜の二人の警察官さんは仏様のように思えると、後日ご夫婦は話されています。

この警察官の一人が、このことを振り返って話しています。

警察官という仕事は「損か?得か?」で考えたら、
とても出来ない仕事です。 と・・・

*後日談ですが・・
この時、署長や県警のお偉いさんの許可を待っていたのでは間に合わないと、独断で判断した行動だったそうです。
処分・懲罰を覚悟して・・・

思いやりと優しさが「人を繋ぐ」

本文中には、南大分警察署の二人のお巡りさんと、フェリー会社の職員さんしかでていませんが、きっと道中の交番や警察署では、このご夫婦の車を見守っていたのだと思います。

「ただいま、○○を通過!」

と、裏では無線でやり取りしていたことでしょう!

誘導灯を持って道路に並んでいてくれた人
キャンセル待ちしているお客さんを説得してくれた人
快くご夫婦に乗船を譲ってくれた人

みんなの優しい気持ちが一つに繋がって、ご夫婦を高知に、お連れすることが出来ました。

ネットワークビジネスも「心を繋ぐ」ことが大切ですね。
決して一人だけの努力では成功出来ません。

チーム一丸となって目標に向かうときシナジー効果(相乗効果)がうまれます!

更新記事

●ネットワークビジネスの成功法は魅了マーケティング
●ネットワークビジネスが誤解されるわけ
●ネットワークビジネスで老後の準備を!
●ネットワークビジネスはペイフォワードと同じ
●ネットワークビジネスのモチベーションの保ち方
●ネットワークビジネスのホットマーケットとは
●ネットワークビジネスで成功できない人=言い訳名人


あなたは悔いのない人生を過ごしてきましたか?!


「旅立つ日」


必ず明日を迎えることを約束された人は、この世に誰一人いません
今、出来ることを大切にしまよう!

ネットワークビジネス いつでも今日が始り


ネットワークビジネス 選択

あなたが虚しく過ごした今日という日は

昨日亡くなった方が、あれほど生きたいと願った明日

ネットワークビジネス 扉の向こう

一度きりの人生
何かやり忘れていることはありませんか?

ネットワークビジネス 夢に向かって

子供の頃に描いていた夢は今はどうなっていますか?
諦めきれない夢はありませんか?

夢に向かって!

ネットワークビジネス 夫婦

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

資料請求文字