南蔵院 林住職のいい話 「ようこちゃんの10円玉」

牧師さん

仙台にある教会の牧師さんが、親のいない知恵遅れのお子さんや、親がいても育てられないご家庭のお子さんを、預かって教育をされていました。

子供さんが15歳くらいになるとある試験をしてその試験にパスすると社会に送り出されるそうです。

その試験は何かと言うと

500円玉、100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円を

6種類の硬貨をバラバラにして、

「このお金で価値のある順番に並べなさい」

という試験です。

それを見てお金の価値判断が出来るかどうか確かめるそうです。

それは何故かというと、買い物が出来ないといけないし、電車やバスの公共交通に乗る為の、価値判断が最低限必要なのです。

ある日、ようこちゃんという子に試験をしました。

「一番価値のあるお金をとってごらん」

とようこちゃんに言いました。

すると、ようこちゃんは10円玉を取りました。

この子はまだお金の価値判断が出来ないんだなあ~と思って、先生達はがっかりします。

しかし、嬉々として10円玉を持つようこちゃんを見て、先生達は何かあると思い、もう一度選ばせます。

そうすると、また同じく迷いなく10円を選びます。

病気

この時、先生達はようこちゃんの朝から晩までのようこちゃんの行動を思い浮かべます。

そして、あることに気づきます。

ようこちゃんのお父さんは病床に伏せていらっしゃいます。

お母さんはもう居ません。

なので、ようこちゃんは牧師さんに預けられたのですが、毎日の勉強、お仕事がすべて終わり後は寝るだけになった時に、お父さんに電話をするのが日課で一番楽しみにしていました。

その電話をかけるのが赤電話!!

赤電話

「お父さんは元気だよ・・
ようこは頑張っているか?
楽しいか?
寂しくないか?」

と、お父さんと嬉々として話をしている姿を思い出しました。

赤電話では、500円玉も100円玉も50円玉も使えません。

唯一、お父さんに電話をかけられる、唯一、お父さんの声を聞くためのお金が「10円玉」です。

ようこちゃんは、一番価値のあるお金はどれか?!
と、聞かれれば、お父さんの声が聞ける10円玉だったのです。


どんなものにでも価値がある

ダイヤル式の赤電話を知らない人の方が多いかも知れませんね・・

今や小学生でも携帯電話を持っている時代。
物が溢れ便利な時代になりましたが、「ライン外し」などの新たな“いじめ”もうまれているようです。
豊かになったから「幸せになった」とは言えませんね!

我々は金額の高いものが価値があると思いがちですが、10円には10円の役割が、1円には1円の役割があり、それぞれの価値があります。

ネットワークビジネスにおいても、収入の多い人が、組織のトップにいる人が偉いんだ!
と勘違いしているリーダーさんもいるようです。

それは間違いです!

チームにいるすべての人には、それぞれの役割があって、
みんな同様の価値を持っていることを肝に銘じなくてはなりません。

一人の力だけでは絶対に成功できません。
チームの力が一つになってこそ、成功できるんです!

更新記事

●ネットワークビジネスの成功法は魅了マーケティング
●ネットワークビジネスが誤解されるわけ
●ネットワークビジネスで老後の準備を!
●ネットワークビジネスはペイフォワードと同じ
●ネットワークビジネスのモチベーションの保ち方
●ネットワークビジネスのホットマーケットとは
●ネットワークビジネスで成功できない人=言い訳名人


あなたは悔いのない人生を過ごしてきましたか?!


「旅立つ日」


必ず明日を迎えることを約束された人は、この世に誰一人いません
今、出来ることを大切にしまよう!

ネットワークビジネス いつでも今日が始り


ネットワークビジネス 選択

あなたが虚しく過ごした今日という日は

昨日亡くなった方が、あれほど生きたいと願った明日

ネットワークビジネス 扉の向こう

一度きりの人生
何かやり忘れていることはありませんか?

ネットワークビジネス 夢に向かって

子供の頃に描いていた夢は今はどうなっていますか?
諦めきれない夢はありませんか?

夢に向かって!

ネットワークビジネス 夫婦

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

資料請求文字