ネットワークビジネスは確信なくして成功なし!

成功するには成功するまで続けること! 続けるためには確信が必要!

壁

夢と希望を抱いて、勇んでネットワークビジネスを始めても、最初は全く成果は出ません。

やってもやっても、何も変わらない・・
歩いても歩いても、景色が同じ・・

やっぱり私には無理!
成功する人は、特別な才能があるんだ!

自信不安失望と変わります・・

失望しても、なお、続けるには確信を持つこと!

「確信のある思考は目標実現のための行動を促し、結果実現化する」

逆に言えば

「確信のない、ただの思いつきの思考は、決して実現しない」

『今は失意の中にいても、いつか必ず成功出来るんだ!』

この確信こそが成功するまで続けられる素です。


夢を実現する秘訣は4つのCに集約される。

好奇心(curiosity)、確信(confidence)、勇気(courage)、継続性(constancy)

なかでも最も重要なのは「確信」である。

「出典」ウォルト・ディズニー

ネットワークビジネスでは成功出来ると信じることが大切!

三宅雪嶺さんの手記より

自信

できるかできないかは、その人の心持ち方次第です。

心持ちといっても、ごく単純!

自分に

「できる」

と言い聞かせて望むだけで、結果は百八十度違ってくる。

心の動きが不思議なものであることは、誰でもが知っています・・

心の持ち方しだいで、病気が治ったり治らなかったり、能力が向上したりしなかったりする・・
という経験は誰でももっていますね!!

そして、これは、ある程度まで習慣づけでもあります。

ふだんから、そういう心の持ち方ができるように、些細なことであっても、気をつけるように意識を向けられるかどうか・・

前向きの気持ちで何事にも対処する人と、そうでない人の間には、やはり歴然とした差がうまれます。

ネットワークビジネスでは必ず成功出来ると信じることが大切!!

ネットワークビジネスでの「2通りの人間」

ネットワークビジネスで 「成功者した人」と「失敗者した人」ではなく

「成功者した人」と「成功も失敗もしなかった人」 の二通りです。

失敗するということは、ネットワークビジネスで成功することを選んで、行動し経験を積んでいくということ。

でも多くの人は、失敗をしないことを選んでしまい、結果、成功も出来きない。

失敗をすればするほど、壁が立ちはだかれば立ちはだかる程、成功に近づいている証拠。

確信

成功しようと思わなければ、失敗も壁も現われない!

言葉を変えると

成功へ向かってトライする勇気を持てたか、持てなかったか?!

臆病者のレッテルを自分で自分に貼りたくなかったら
トライする勇気を持つこと!

熱意と確信さえあれば壁は必ず越えられる!!

更新記事

●ネットワークビジネスは確信なくして成功なし!!
●ネットワークビジネスは失敗と書いて経験と読む!!
●ネットワークビジネスの夢や目標を明確に!!
●ネットワークビジネスにおける目標設定のコツ!!
●ネットワークビジネスで陰口は悪性ウィルス!
●ネットワークビジネスで成功するには犠牲も必要!!
●ネットワークビジネスで家族との幸せを守る!
●ネットワークビジネスで未来の期間を爆買い!
●ネットワークビジネスでやりたいことやれる人生を!
●ネットワークビジネスで後悔のない人生を!!
●ネットワークビジネスは弱者救済ビジネス!!
●ネットワークビジネスは決断で成功が決まる!!
●ネットワークビジネスの「成功」と「失敗」とは?!
●ネットワークビジネスの「原因」と「結果」の法則
●ネットワークビジネスはアップ選びが大切
●ネットワークビジネスに将来性はあるのか?!
●ネットワークビジネスの成功法は魅了マーケティング
●ネットワークビジネスが誤解されるわけ
●ネットワークビジネスで老後の準備を!
●ネットワークビジネスはペイフォワードと同じ
●ネットワークビジネスのモチベーションの保ち方
●ネットワークビジネスのホットマーケットとは
●ネットワークビジネスで成功できない人=言い訳名人


あなたは悔いのない人生を過ごしてきましたか?!


「旅立つ日」


必ず明日を迎えることを約束された人は、この世に誰一人いません
今、出来ることを大切にしまよう!

ネットワークビジネス いつでも今日が始り


ネットワークビジネス 選択

あなたが虚しく過ごした今日という日は

昨日亡くなった方が、あれほど生きたいと願った明日

ネットワークビジネス 扉の向こう

一度きりの人生
何かやり忘れていることはありませんか?

ネットワークビジネス 夢に向かって

子供の頃に描いていた夢は今はどうなっていますか?
諦めきれない夢はありませんか?

夢に向かって!

ネットワークビジネス 夫婦

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

資料請求文字