ネットワークビジネスは副業にピッタリ!!

副業の選択肢は多様化取り組む人が増えでいる

 
大企業を中心に、従業員の副業を容認する動きが広まり、本業の終業後や休日にパートタイマーとして働いたり、自宅でアフィリエイトなどに励んで副収入を得る人が増えています。
 
厚生労働省の「毎月勤労調査5月速報」によると、18年5月のパート労働者の平均実働時間は85時間36分、月収は9万7544円でした。
本業とは別に、毎月85時間も働くことは現実的ではありませんから、スーパーや
居酒屋でのパートを副業とした場合の収入は、これよりも少なくなるでしょう。
 
また同省の「平成29年賃金構造基本統計調査」には、パートやアルバイトなどの『短時間労働者』の平均時給は1096円(男性I154円、女性1074円)
との報告があります。
つまり、平均的なパート労働の場合、月収10万円を得るためには、月に91,2時間も働かなくてはならないのです!
 
最近では、配車サービス「Uber(ウーバー)」や、民泊仲介サービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」など、より柔軟に収入を得られるサービスが注目
を集めていますが、両サービスについて国内では道路運送法や旅館業法などが障壁となり、現状誰もが気軽に取り組める仕事とは言えません。

ディストリビューターの約半数が副業に取り組んでいる

一方ネットワークビジネスは、学歴やキャリアに関係なく誰もが参加でき、働く場所や時間も自分で決められる、副業にピッタリの仕事です。
 
本誌17年4月号「ディストリビューター4186人実態調査!」によると、副業でネットワークビジネスに取り組む人の割合は47・6%に上りました。
忙しい本業があっても取り組みやすい仕事として、広く支持を集めているのです。
 
ディストリビューターの多くは、「いままでダラダラ過ごしていた隙間時間を使って、カフェなどでビジネスを伝えています」(M3・田中伯太さん)や「本業の食育セミナーの中で、製品を紹介することもあります」(ユニシティ・伊場優子さん)と、柔軟にビジネスに取り組んでいるようです。


ネットワークビジネス誌 9月号


ネットワークビジネス誌9月号より


オンラインMLM

オンラインのネットワークビジネスの稼げるやり方は資料をご覧ください!!

ボーダー

内緒

オンラインMLM

成功

ワーキングプアから脱出したい!
小さい頃からの夢を叶えたい!
もっと自由な時間が欲しい!
もっと豊かに暮らしたい!
ケガや病気のときの収入源に!
老後の備えのために!

そんなあなたの強い味方
ネットワークビジネスはインターネットだから継続できる↓↓クリック

秘密のノウハウ

ボーダー


【今日という日は、残りの人生の最初の日】

あなたが虚しく過ごした今日は
昨日亡くなった方が、あれほど生きたいと願った明日

悔いを残さぬ人生のために、今、決断しましょう!


無料パンフレット

半年後も一年後も、笑顔でいましょう。
インターネットビジネスのご質問、お気軽にどうぞ。

                  徳満 耕史


直接のお問い合わせはこちらから

資料のお申込み・お問い合わせはこちら

無料資料のお申し込み・お問い合わせはこちら

まずは下記の内容をお書きいただき送信してください。

【注意】メールアドレスのご記入間違いが多いので ご確認お願いします

しつこい勧誘・メルマガ登録はございませんのでご安心ください!