これから始められる「ネットワークビジネス」会社をお探しですか?
あなたにピッタリの会社が見つかるといいですね!
ネットワークビジネスは、何をやるかも重要ですが、同じくらい誰とやるかも重要です!
是非、こちらも最後にご覧になって下さいね!

ネットワークビジネスはインターネットでやる時代

グローバル売上高 ランキング

日本に上陸している主な外資系のグローバル売上高

上位3社の合計売上高は190億ドル。
グローバル売上高の1位はアムウェイ。
16年12月期の業績は、88億ドル(約9592億円)となった。
上位10市場のうち7つの市場で売り上げが増加したものの、中国市場が軟調だったという。

上位10市場は、中国・米国・韓国・日本・タイ・台湾・インド・マレーシア・ロシア・香港の順である。
 
日本でもアムウェイは売上高1位だが、世界中で大きなシェアを獲得しており、業界のリーディングカンパニーであるといえるだろう。
 
続いて2位は、スキンケア製品を主力に展開するエイボン・プロダクツで、売上高57億ドル(約6213億円)。
日本ではネットワークビジネスから撤退したが、世界では大きな市場を形成している。
 
3位は、世界94カ国で展関しているハーバライフ。
主力製品のシェイク「フォーミュラープロテインドリンクミックス」がロングセラーとなっているだけでなく、積極的に新機軸の製品ラインを打ち出し、グロー
バルで成長を続けている。
 
上位3社だけで、190億ドル(約2兆710億円)もの売上高を誇っているのだ。

ジュネスグローバルアンビット・エナジーが急成長

ランキングの上位を占める企業
は、長い年月をかけて市場を拡大しているが、急成長を遂げている外資系企業も少なくない。
 
8位ジュネスグローバルは、09年の創業から増収を続け、売上高は14億ドルを超えるまでに成長している。
米国で電力とガスなどの小売りを展開するアンビット・エナジー(9位)は、06年に創業。
創業からわずか6年で、売上高10億ドルを達成したという。
16年12月期の売上高は、12憶ドルとなった。
 
躍進する新興企業の中から、アムウェイ・エイボン・ハーバーライフというトップ3の牙城を崩す主宰企業は現れるのか。
それとも、トップ3やその他の上位企業が新興市場で大きなシェアを獲得して、さらに売り上げを仲ばすのか。
世界には発展途上の市場が多いため、グローバルでのさらなる成長が見込まれる。

順位会社名売上高(百万円)
1アムウェイ959,200
2エイボン・プロダクツ621,300
3ハーバーライフ490,500
4フォアベルク457,800
5メアリーケイ381,500
6タッパーウエア240,890
7ニュースキン240,672
8ジュネスグローバル153,690
9アンビット・エナジー130,800
10ユサナ110,090
11ヤング・リヴィング109,000
12ACN81,750
13TIENS75,755
14PM-International50,140
15ネイチャーズサンシャイン37,169
16フォーライフリサーチ35,752
17NHTグローバル31,392
18ライフバンテージ22,563
19マナテック19,620
20ヤングジェビティ17,767
21シークレット17,549
22アリックス16,459

ネットワークビジネス誌10月号より

ボーダー

内緒

オンラインMLM

脱出

ワーキングプアから脱出したい!
小さい頃からの夢を叶えたい!
もっと自由な時間が欲しい!
もっと豊かに暮らしたい!
ケガや病気のときの収入源に!
老後の備えのために!

そんなあなたの強い味方
ネットワークビジネスはインターネットだから成功できる↓↓クリック

秘密のノウハウ

人生に失敗した人の多くは、
諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか
気づかなかった人たちだ。

トーマス・エジソン

在宅MLM

半年後も、一年後も あなたが笑顔でありますように!!
最期までお読みいただきありがとうございます。


資料のお申込みはこちら

無料資料のお申し込みはこちら

まずは下記の内容をお書きいただき送信してください。

【注意】メールアドレスのご記入間違いが多いので ご確認お願いします

しつこい勧誘・メルマガ登録はございませんので、ご安心下さい!